福岡県人権研究所

福岡県人権研究所

  • 福岡県人権研究所は、福岡県を中心として、部落史に関わる史実の発掘及び人権に関わる調査・研究、ならびに教育・啓発、出版活動を行い、その成果をもとに人権文化の創造を目指すことを目的とした調査・研究組織です。

ホームホームイベントイベント研究活動研究活動
機関誌・出版機関誌・出版受託(調査・研修等)受託(調査・研修等)お問い合わせお問い合わせ

福岡県部落解放・人権研究所

HOME > 沿革 > 福岡県部落解放・人権研究所

福岡県部落解放・人権研究所

ago-b-upper.jpg旧福岡県部落解放・人権研究所(以下研究所と略)は、1999年12月、研究会の行ってきた部落問題を含んだ人権問題の研究や、それまでの成果をより広く県民のものとするためのイベントなどの啓発事業を行うことを中心として設立されました。

研究所は、設立当初からのスローガン「視点はグローバルに、活動はローカルに」に見られるように、地域に根ざしながらも、常に国際的な人権状況を視野に入れた活動をめざしてきました。

  • ago-b-under.jpg研究所が主催してきた事業は、部落解放同盟青年部を中心とした「解放セミナー」、明治6年に部落襲撃を伴って勃発した筑前竹槍一揆のゆかりの地をフィールドワークする「筑前竹槍一揆ウォーク」の開催、さらに、福岡県人権・同和教育研究協議会と研究会の共催による「史実と授業の結合をめざしてⅡ」などといった、それまでの研究会の活動をより押し広げるものでした。

また、研究会の「菜の花ブックレット」を引き継ぐかたちでその後6冊刊行し、研究所の活動の成果は「人権ふくおか」で発表してきました。

研究所は、設立から3年半という短い期間の間にも、これからの人権状況に対応した活動・提起を行ってきました。

リベラシオン

書籍ご購入のご案内
  • 書籍のご注文は基本的に、ご注文フォームにて受け付けておりますが、講演会・総会での特別販売、書店へのご依頼、研究所へのメール・お電話・ファックスでの直接注文にも対応しております。

書籍ご注文の前にお読みください書籍ご注文の前にお読みください

機関誌「リベラシオン」機関誌「リベラシオン」
ニュース「りべらしおん」ニュース「りべらしおん」
研究所について研究所について
沿革沿革
ご入会案内ご入会案内
リンクリンク
サイトポリシーサイトポリシー

spacer.gif

最新書籍のご紹介