福岡県人権研究所

福岡県人権研究所

  • 福岡県人権研究所は、福岡県を中心として、部落史に関わる史実の発掘及び人権に関わる調査・研究、ならびに教育・啓発、出版活動を行い、その成果をもとに人権文化の創造を目指すことを目的とした調査・研究組織です。

ホームホームイベントイベント研究活動研究活動
機関誌・出版機関誌・出版受託(調査・研修等)受託(調査・研修等)お問い合わせお問い合わせ

福岡県人権研究所についてのご案内

foundation.jpg福岡県人権研究所は、福岡部落史研究会と福岡県部落解放・人権研究所を前身として、2003年6月8日に設立され、2004年4月1日に社団法人としての設立許可を受けた、人権問題についての調査・研究組織です。2013年3月19日に福岡県知事より公益社団法人に認定されました。1974年の福岡部落史研究会の発足から、2014年で40周年を迎えます。

— 目 的 

  • 部落問題をはじめとするあらゆる人権問題の解決のために、福岡県内を中心とした部落史に関わる史実の発掘及び人権に関わる調査研究、並びに、教育啓発、出版活動を行い、その成果をもとに人権文化の創造に寄与することを目的とする。

project.jpg— 事 業 

  • (1) 部落問題をはじめとするあらゆる人権問題解決のための各種調査研究活動
  • (2) 部落問題をはじめとするあらゆる人権問題解決のための各種啓発研修活動
  • (3) 機関誌をはじめとする書籍刊行等による、調査研究活動の成果の公開
  • (4) 人権問題関係資料の収集・整理・保管および紹介
  • (5) その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

spacer.gif

福岡県人権研究所の理念
(2004年2月14日)

人権の世紀といわれた21世紀をむかえた今日、人権は国際社会の中の重要なキーワードとなっている。わたしたちは、福岡部落史研究会と福岡県部落解放・人権研究所を統合し、21世紀における人権問題の解決に寄与するため、福岡県人権研究所を設立した。

  • 福岡県人権研究所は、旧組織の研究・活動を継承しつつ、調査・研究を活動の中核にすえ、そのウイングを拡大してきた。
  • すでに、県内においては人権問題に関する情報センター(福岡県人権啓発情報センター、北九州市人権啓発センター、福岡市人権啓発センターなど)が存在し、県民・市民の啓発を中心に活動を進めてきている。
  • そのような中、福岡県人権研究所のもっとも期待されるものは調査・研究機能であり、その成果が、行政の行う啓発活動などと連携を取りながら進められた時、県民の人権問題に関する理解と取り組みは大きく進展してくるであろう。
  • わたしたちは、これまでの活動をふまえながら、多様な形での研究活動の活性化をはかることにより、部落問題を中心とした人権問題の解決をめざす社会的要請にこたえていかなくてはならない。
  • それには多くの人々の協力を得ながら、部落問題の歴史的解明をはじめ、人権問題に関する調査・研究活動を充実させていく必要がある。
  • そのために、福岡県人権研究所を社団法人とし、これまで以上に人権問題に関わる多くの人々の叡智を結集することにより、その目的を達成できうるものと信じる。

福岡県人権研究所が、福岡県内の人権ネットワークの核になり、世界の人権ネットワークに繋がり、人権文化の創造をめざすため、ここに、社団法人福岡県人権研究所を設立するものである。

2004年2月14日


※2013年3月19日に福岡県知事より公益社団法人として認定されました。

リベラシオン

書籍ご購入のご案内
  • 書籍のご注文は基本的に、ご注文フォームにて受け付けておりますが、講演会・総会での特別販売、書店へのご依頼、研究所へのメール・お電話・ファックスでの直接注文にも対応しております。

書籍ご注文の前にお読みください書籍ご注文の前にお読みください

機関誌「リベラシオン」機関誌「リベラシオン」
ニュース「りべらしおん」ニュース「りべらしおん」
研究所について研究所について
沿革沿革
ご入会案内ご入会案内
リンクリンク
サイトポリシーサイトポリシー

spacer.gif

最新書籍のご紹介