福岡県人権研究所

福岡県人権研究所

  • 福岡県人権研究所は、福岡県を中心として、部落史に関わる史実の発掘及び人権に関わる調査・研究、ならびに教育・啓発、出版活動を行い、その成果をもとに人権文化の創造を目指すことを目的とした調査・研究組織です。

ホームホームイベントイベント研究活動研究活動
機関誌・出版機関誌・出版受託(調査・研修等)受託(調査・研修等)お問い合わせお問い合わせ

<当研究所行事>(日程変更)
■ジェンダー部会「長崎市内フィールドワーク」 2019年12月7日(土)~8日(日)

<他団体行事>
■第38回九州地区部落解放史研究集会
◆期  日  2019年 8月22日(木) ~ 23日(金)
◆会  場  長崎大学教育学部本館棟(2階) 22番教室
       〒852-8521 長崎市文教町1-14
◆主  催  九州地区部落解放史研究連絡協議会/NPO法人長崎人権研究所
◆後  援  長崎県/長崎県教育委員会(以上申請中)/部落解放同盟長崎県連合会/ 長崎県人権教育研究協議会
◆参加資料代 1,500円
□ 日  程
< 8月22日(木)>
  【報告1】「部落問題とは何か」
            阿南 重幸さん(NPO法人長崎人権研究所)
  【報告2】「近世の民衆と差別-佐賀の部落史史料から-」
中村 久子さん(佐賀部落解放研究所)
< 8月23日(金)>
【ビデオ上映】ETV特集「 原爆と沈黙~長崎浦上の受難~」

【記念講演】「原爆と沈黙~長崎浦上の受難」を制作して(仮)
              渡辺 考さん<NHK福岡放送局ディレクター>
【ま と め】(共同研究者)
            花田 昌宣さん
                熊本学園大学/熊本県部落解放研究会並びに九州地区
                 部落解放史研究連絡協議会会長

福岡県人権研究所とは

  • 福岡県人権研究所は、福岡部落史研究会と福岡県部落解放・人権研究所を前身として、2003年6月8日に設立され、2004年4月1日に社団法人としての設立許可を受けた、人権問題についての調査・研究組織です。2013年3月19日に福岡県知事より公益社団法人に認定されました。1974年の福岡部落史研究会の発足から、2014年で40周年を迎えました

菜の花

福岡県人権研究所の目的

部落問題をはじめとするあらゆる人権問題の解決のために、福岡県内を中心とした部落史に関わる史実の発掘及び人権に関わる調査研究、並びに、教育啓発、出版活動を行い、その成果をもとに人権文化の創造に寄与することを目的とする。

福岡県人権研究所の事業

(1) 部落問題をはじめとするあらゆる人権問題解決のための各種調査研究活動
(2) 部落問題をはじめとするあらゆる人権問題解決のための各種啓発研修活動
(3) 機関誌をはじめとする書籍刊行等による、調査研究活動の成果の公開
(4) 人権問題関係資料の収集・整理・保管および紹介
(5) その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

spacer.gif

福岡県人権研究所から最新のお知らせ

リベラシオン

書籍ご購入のご案内
  • 書籍のご注文は基本的に、ご注文フォームにて受け付けておりますが、講演会・総会での特別販売、書店へのご依頼、研究所へのメール・お電話・ファックスでの直接注文にも対応しております。

書籍ご注文の前にお読みください書籍ご注文の前にお読みください

機関誌「リベラシオン」機関誌「リベラシオン」
ニュース「りべらしおん」ニュース「りべらしおん」
研究所について研究所について
沿革沿革
ご入会案内ご入会案内
リンクリンク
サイトポリシーサイトポリシー

書籍のご購入は
こちら
LinkIcon
福岡県人権研究所書籍販売
らくうるカート
外部サイトへジャンプします

spacer.gif